名前の由来・・・

三桜社という名前

以下の記事は、当社で発行しているニュースレター「いち・に・のさんおうしゃ」(2005.4月)の転載です。

 

 

ぼうや(常務)と社長の対談です。

(ぼうや) 三桜社って変わった名前ですよね・・・。

 

(社長) そうだね。私が聞いた話では、三つの桜は、三人の人を表しているそうだよ。当初は、私の義父を含め友人の3人で商売を立ち上げたとか。

 

(ぼうや) え〜そうなんですかぁ。なんかロマンがありますね。

 

(社長) 先代の奥様の池田会長から聞いた話なんだけど。「同期の桜」のイメージだわね。「一桜社」はなんか変だし、「二桜社」はもっと変だし、「三桜社」がいちばんピンときた。というのを私は先代から聞いたことがあるような気がする。

 

(ぼうや) ははは。面白いス。

 

(社長) でも最近さらに面白い発見をしたよ。自社のHPにアクセスするために、「三桜社」って打ち込んでみたら、なんと大阪の「デュプロ株式会社」という会社のページに行ってしまったわけ。その会社が、1951年〜1958年まで名乗ってたのが「三桜社」という名前なのよね。

 

(ぼうや) ・・・。ということは、偶然の一致でしょうか?それとも何か関係があるのかしらん。

 

(社長) それが、先代が一番最初に「三桜社」を始めたとき売っていたのが「デュプロ」の印刷機なんですよ。

 

(ぼうや) んわんわ〜。関係大ありじゃないですか。

 

(社長) 現在の「デュプロ株式会社」は1958年には改称しているので、先代が「三桜社」という名称を頂いたのかもしれませんね。

 

(ぼうや) なるほど〜。でも今の僕らには「さんおうしゃ」という響き以外の社名なんて考えられませんね。なにせ「いち・に・の」のかけ声にあいませんからね。

 

(社長) 聞いた話だけれども、共同の発起人とのちに先代が別れることになったとき、先代は財産やステーションデパートの店舗の権利を全部譲り渡して、「三桜社」という名前だけをもらったそうだよ。よほど強い思い入れがあったに違いないね。

 

 

(ぼうや) 名前って深いモンですね。「三桜社」という名前を大事にする気になりました。

名前の由来・・・関連エントリー

三桜社のモットーです。
三桜社のモットーです。こんなに短いけれど、考えるのにすんごく時間がかかりました。
三桜社の歴史です。
三桜社の歴史をお話ししています。
スタッフ紹介
三桜社の個性豊かなスタッフをご紹介しています。それぞれの特技を持ち寄って運営しています家族企業です。
迷うなってほうが無理
札幌市白石区で太陽油脂販売代理店・抗酸化商品・石けん・健康グッズ・中国足心道で、あなたの健康を応援する小さなお店を開いています。
アクセス(交通)
三桜社へのアクセス(交通)情報です。